女性

望みの皮膚を手に入れる

女の人

人気の理由とは

直径が2ミリから3ミリほどの小さめのいぼを治療する場合、美容外科においては傷跡がほとんど残りません。一回受ければいぼをとることが可能なレーザー治療を受けられることからも、美容外科での治療は人気を集めています。ウイルス性のいぼに関しては、メスを使ってカットしてとったとしても、ウイルスがまだ残っていれば再びいぼが生じてくる可能性があります。よって、美容外科においてはメスを用いる外科手術はやらないのが一般的となっています。ですが、直径5ミリを超える大きなサイズのものに関しては、レーザー治療や凍結法を行えないこともあるので、外科手術を通していぼを取り除いていきます。いぼをとる手術ですが、けっして手間のかかるものではなく局所麻酔を行いメスで芯から切り取っていき、傷口を糸で縫えばそれで終わりです。治療を終えてからは傷口が開かないためにも、およそ一週間はテープを貼って保護していきます。そして、一週間経った後に糸を取り除いていきますが、取り除くまでは傷口を水につけないようにし、化粧をできるだけ控えることが大事です。術後の腫れに関しては、2、3週間も経てばおさまりますが、傷跡は長いこと残ってしまう可能性があります。人の目につくポイントのいぼを取り除く場合、担当の医者にきちんと相談するようにしましょう。美容外科を通して、外科手術でいぼをとっていく良い部分には何があるかというと、大きくなったものでもたった一回施術を行えば、簡単にいぼを取り除けるという良い部分があることです。今現在においては人気が集中しています。その際健康保険がきくため、費用に関しては数千円から一万円ほどですませることが可能です。健康保険が利用できる凍結療法ですが、一回あたりの費用はさらに安くなります。ただし、治療していく数が増える可能性も出てくることを覚えておいてください。ある程度大きくなってしまったウイルス性のいぼは、外科手術で取り除かなければなりません。ですので、大掛かりになる前に美容外科へ足を運ぶことにより、様々な治療方法から選んでいくことができます。あとは、特に問題ないと考えていても悪性腫瘍という可能性も中にはあるため、可能な限り早めに医者へみせに行くように心がけましょう。