悩みのない肌をゲットしよう【立ついぼは手術で取り除くべし】

カウンセリング

安心しながら治療を受ける

顔にいぼがある方のうち、手術でいぼをとりたいと考えている方もいるでしょう。レーザー治療を用いていぼを除去していく手術ですが、今までの液体窒素法に並ぶ認知度があります。そのレーザー治療ですが、治りが早いことからも多くの方から支持を得ています。

顔を触る人

専門科に診てもらおう

いぼの手術は安心して受けられる皮膚科や美容外科を選択することがポイントです。それには口コミを参考にしたり、実際に訪れたりして判断してみることが大切です。また、いぼの手術で重要なのは跡が残らないようにすることでもあります。

憧れの肌を手に入れる

医者

納得のいく治療方法とは

顔や首にできたいぼのことで頭を抱えている方ですと、手術に踏み切るまでには勇気が必要になるかもしれません。今現在においては、美容外科でも気楽にいぼをとる手術を受けることができるため、多くのから支持を得ています。そして、美容外科が人気の理由には何があるのかというと、肌につながることでもあるので、アフターケアもきちんとしているという特徴があることが挙げられます。それから、いぼをとる手術をやっていく前には時間をかけてカウンセリングを行うため、患者本人もしっかりと理解した上で手術にのぞむことができます。機材・メスを用いることなくいぼをとる治療としては、液体窒素治療があります。このやり方に関しては、健康保険を利用して受けていくことが可能ですが、治療にかかる時間は長くなります。また、糸で縫う場合ですと、治療してからおよそ一週間経過してから糸を抜かなければならないため、もし不安感を抱いている方がいましたら、医師とよく話し合うことが大事です。あとは、あまり大きくないいぼですと何も問題のない皮膚にも窒素が響き、炎症を生じるケースも出てくるため美容外科では行っていません。では、美容外科ではどんな治療を行っているのかというと、メスを使う切除法とメスを使わずにやっていく電気凝固法のふたつのやり方があります。電気凝固法に関しては、サイズが大きく膨れ上がったいぼに対し使っていきます。局部麻酔を施し高い周波の電気を使い、いぼのあるポイントを蒸散させ取り除いていきます。治療を終えてからはテープを貼って炎症を起こさないよう保護していき、あとはじきにはがれていくのを待つのみなので、治療した後の化粧もわりと早くできるといった特徴があります。それと、メスを使っていく切除法ですが、切除法の場合には早めに効果に期待ができるでしょう。しかし、傷に関しては小さいながらもどうしても残ってしまうこともあり、さらに大きなものであると糸で縫っていかなければならない可能性も出てきます。よって治療した後縫っている場合、化粧はできるだけしないよう気をつけましょう。

女の人

望みの皮膚を手に入れる

小さないぼを取り除く場合、美容外科で手術することで傷跡が残りにくく、またレーザー治療を受けられることからも美容外科は人気を集めています。そして、大きないぼでも外科手術により一回でいぼをとることができるのも、美容外科ならではの利点になります。

レディ

今までの自分から抜け出す

首にできたいぼを取り除く場合、美容皮膚科へ行っていぼ取りの手術を受けるのがベストです。手術に関しては、液体窒素療法と炭酸ガスレーザーがよく行われており、それぞれ保険がきいたりきかなかったりするため、治療にかかる費用は若干異なります。

看護師

納得のいく治療を受ける

長年生きていると、顔や首元にいぼが生じる方もいるかもしれません。その際美容外科へ行き、手術でいぼをとることを考える方もいるでしょうが、病院や医者を選んでいく場合には知識やスキルを持ち、きちんと信頼できるところを選ぶのが一番です。